PROFILE

宮沢信太朗

宮沢信太朗
Shintaro Miyasawa

シンガーソングライター・クリエイターほか。

1992年1月7日 東京都生まれ。高校在学中の2008年から徐々に音楽活動を初め、ライブ出演やコンピレーションアルバム制作に参加するようになる。その後、大学在学中の2010年に独自音楽レーベルである 現・7S Music and Expressを設立し、デジタルシングルデビュー。シンガーソングライターとして楽曲を発表する傍ら、歌手や舞台等への楽曲提供も手がけ、2012年には日本作詩大賞新人賞に入選。2013年に大学を休学し、日本一周ひとり旅に出る。一方で舞台音響や演出を依頼されるようになり、大学卒業直後の2015年5月に東京・春日の文京シビックホールにて行われた朗読公演「氷点」では演出、そして制作統括も担当。音楽活動は徐々にのんびりとなったが、2016年1月にリリースしたシングル『旅立ち風音 / Season of Terminal』には、表題曲2曲をそれぞれ鉄道の発車メロディと車内メロディ風にアレンジしたボーナストラックを収録し、一部で話題となった。昨今は企業で映像等の仕事をしつつ、活動の幅をさらに多方向へと広げており、2016年11月〜2017年2月まで冠Webラジオ番組 TERMINAL FM『宮沢信太朗 EXPRESSTREAM』にてラジオパーソナリティを務めたほか、2017年4月からは旅のエッセイの連載を始め、2018年4月にはオリジナルキャラクターである『エリンギタリスト』のLINEスタンプをリリースした。

ページの先頭へ