BLOG

Blog Title 鉄道と音楽の話…

Updated
音楽・仕事 気ままノート

列車は静かに動き出した。

向かいのホームの人波が
次第に流されてゆく。

「東京」と記された駅名標も
視界にはもう無い。

みるみると加速してゆく車窓に
ビルの間から陽射しが舞い込んだ。

しばらくすると
右手に有楽町駅のホームが見えてくる。

その雑踏を横目に
列車はなおも速さを増す。

隣を走る山手線とは
全く違う時が流れている。

そうだ 旅が始まるんだ
と感じる瞬間だ。

・・・・・・

こんばんは。
ミヤサワです。

え?いきなり何の話を
しているのかって?

…もうお分かりの方も
いらっしゃるかもしれませんが、
これは東海道新幹線の
東京駅発車直後の情景です。笑

さて、新幹線が動き始めてから
ここまで約1分5秒。

この後、何が起こるか
お分かりでしょうか?

実は、僕の大好きな
“あれ”が流れるんです。

それでは、
新幹線の情景に
戻ってみましょう!

・・・・・・

車窓の左手に
銀座へと続く細い通りが見えた。

僕はここでいつも耳を澄ませる。

そして高鳴る鼓動をおさえれば
今日もこのメロディが
車内に響き渡った。

ラ・ド・ド・シ♭・ラ…

それは まさに
この旅の前奏曲であった。

・・・・・・

え?
だから何が良いたいのかって?

いやー、昨年はブログを3回しか
更新しなかったので、
今年はちょっとした話でも
ブログを書いてみようかな…

と思いましてね、
今日は僕の大好きな
鉄道と音楽の話をしようと思うんです!

ちょっとだけ
お付き合いいただければ幸いです。

…さて、新幹線や特急列車の
車内案内放送の前には

“車内メロディ”

と言われる音楽が流れますよね。

東海道新幹線で言えば
先ほどの情景にも描かれていた、

“ラ・ド・ド・シ♭・ラ…”

というメロディです。

このような車内メロディは
この他にも多くの列車内に於いて
様々なものが流れています。

ちなみに先ほどの
東海道新幹線の車内メロディは
TOKIOさんの『AMBITIOUS JAPAN!』
を車内メロディ用に編曲したもので、
2003年のタイアップキャンペーンでの
導入以来、長岐に渡って愛されています。

僕も愛しております。笑

そんな感じで近年は、
その列車や路線らしさを持った音楽を
車内メロディにするという例も
多く見られるようになっています。

そしてその流れは
車内メロディだけではなく
列車の発車の際に駅で流れる

“発車メロディ”

にも同じことが言えます。

例えば九州新幹線の
鹿児島中央駅では、

御当地民謡である
『おはら節』を編曲したものが
発車メロディになっています。

あるいは、昨年開業した
北陸新幹線の金沢駅。

この駅の発車メロディは、
きゃりーぱみゅぱみゅさんの
プロデュースなどを手がけている
金沢出身の中田ヤスタカさんが
北陸新幹線金沢駅用に
作曲されたメロディだったりします。

鹿児島や金沢に行く機会のある方は、
ぜひ駅で耳を澄ましてみてください!

…さて、そんな様々な展開を見せている
鉄道を取り巻く音楽事情。

上記の他にも色々なカタチの
車内や駅のメロディが生まれています。

でね、そんな
鉄道と音楽のコラボレーションというのは
鉄道好きミヤサワにとってはたまらない訳です。笑

で、せっかく音楽をやっている身ですし…

なんなら、
つくってみたい!!!!!

・・・・・・

そして、
そんな想いが発車しちゃったら
もう止まらない訳です。。。

だから、、、、、

・・・・・・

つくっちゃった!

別に、どこかの列車や駅で
流れる予定は無いけど、、、

つくったから
リリースしちゃう!笑

ということで、御報告です。

先日発表した1月27日(水)発売予定の
「旅立ち風音 / Season of Terminal」
には、ボーナストラックとして、
『旅立ち風音 (車内メロディ風 Ver.)』と
『Season of Terminal (発車メロディ風 Ver.)』
を収録致します!

別にどこかの列車内で使用される
予定がある訳ではありません…

どこかの駅で流れる訳でもありません…

それなのに、それぞれの楽曲を
車内メロディと発車メロディ風に
編曲してリリースしてしまうという
おそらく世界初!
の試みを行います。笑

これが、7日のブログに記していた
“とあるボーナストラック”です。

もしよろしければ、
チェックしてみてください。

そしてもう一つ
御報告があります。

今回のシングルは
今まで販売されていた
iTunesやmusic.jpなどの配信サイトに加え、

レコチョク や LISMO Store

さらには
Apple MusicやLINE MUSIC
Google play music、AWAなどの
音楽ストリーミングサービスでも
リリースという運びとなりました。

そしてmoraやe-onkyo musicでは、
ハイレゾ音源も販売されます。

約2年半ぶりのシングル。

みなさまの旅の
ささやかなお伴に
如何でしょうか?

以上、鉄道と音楽の話でした!

…結局は宣伝かい。。。

Updated
Next <  > Back

ページの先頭へ