BLOG

Blog Title ことこと煮詰め

Updated
Diary 音楽・仕事 旅の記

みなさん。
お雑煮、煮詰めてますか?

ということで、
今年も大晦日がやって参りました。

2015年も残す所あと5時間程となり、
今宵は何を入れた蕎麦を戴こうかと
考えているミヤサワです。笑

さぁ、長いブログの幕開けです!
今年もあの恒例企画。

「My今年の3大News」

をお送りしようという
所存で御座います。笑

ということで、
今年はなんと『3件』しか
ブログを更新しなかったという
新記録を打ち立ててしまいましたので…

今年もアンオフィシャルな3つの物語を、
懺悔の念も込めて長文にて書き綴りました。

最後までお付き合いいただければ幸いです。
それではさっそく参りましょう!!

第3位「春日 風響く幕開け事件」

春日とは、、
ピンク色の服を着たとっても面白い…

じゃなくて、
東京の文京区にある地名です。

「文京シビックホール」

と言えば、
お心当たりの方も
いらっしゃるでしょうか?

はい。今年5月
僕が、演出補・一部音楽・制作統括
を務めさせていただいた
朗読公演の舞台です。

このブログでも
7月の近況報告(?)で
さらっと取り上げ、

舞台の無事終了と
感謝の念を述べていた訳ですが…

実は、ちょっとした
裏物語がございます。

…それは、公演本番前日
5月29日の事。

前日のゲネプロやゴタゴタを終え、
夜帰宅しようとすると、、

数日前より感じていた
肺の違和感が、
ちょっとした“痛み”に
変わっている事に気付いたのです。

しかし、まぁいいやと思いながら
家に帰って仕事をしていると…

何か結構痛くなって参りました。。

呼吸をする度に、
肺が警報を鳴らしている。。

ネットで調べてみると、
どうやら自然気胸という

“肺の膜に穴が開いている状態”

のようでした。

自然に治る事も多々あるようで、
とりあえず舞台が終わるまでは
病院に行く暇もなく、、

何はともあれ、
今夜は寝よう。

明日の朝には
良くなってるかもしれないし…

そう思いまして、
あとの仕事は明日早朝に回し、
就寝。。。

朝起きると、、、

全く良くなってませんでした。。

痛いです。
こんなの初めてです。。

しかし、この日は
7ヶ月もの歩みを重ねてきた
プロジェクトが
ついにカタチとなる日です。

空には
清々しい朝陽が
昇って参りました。

新緑の葉も
晴れ晴れとした春の日の訪れを
響かせています。

ついに今日、
舞台の幕が開けるんだ。

そう意気込み、
麗らかな風に深呼吸をすれば、、、

痛たたたたた!!!

開いていたのは、
肺の穴でした。。。

肺に送られた風が
痛みとなって響き渡っております…

いやいや、
こんなギャグを言う為に
7ヶ月間頑張ってきた訳じゃないし!

ということで、
渾身の力を振り絞って準備を終え、
クルマにて関係各所をめぐり
いざ東京・春日の会場へ。

ゲネプロ諸々を
行っているうちに
不思議と痛みは薄れ、、、

本番を迎える頃には、
すっかり痛みを忘れていました。

…でもよく考えれば
本番中痛みが無かったのは、
舞台袖で息を殺して
いたからかもしれません。。。

そうして迎えた、
舞台のクライマックス。

最後の台詞が終わり、
僕がつくった風の吹く効果音が
会場に響き渡り始めます。

ついに終わったと
ホッと一息ついたその時!!

痛たたたたた!!!

舞台の幕は降りても、
肺の膜はまだ開いたままでした…

一息の風は、
痛みとなって響き渡っております。

そうです。
以上がダジャレだらけの、

「春日 風響く幕開け事件」

です。

…でもそれだけじゃなく、
このプロジェクトが僕の中で
ひとつ次のステージへの
幕開けだったようにも想えます。

改めまして
ご来場下さった皆様、
応援してくださった皆様、
本当にありがとうございました。

なお御陰様で
その後、肺の膜は閉じました。

第2位「函館 夜霧事件 Season2」

さて、
第3位の話が
大分長くなってしまったので、
第2位はサクッと行きましょう。

なんと、昨年に引き続き…

函館に行ったのに
今年も気象の影響で

やっぱり夜景が
見れませんでした!笑

もうそれだけです。。

日本三大夜景、
あと函館だけで
コンプリート
なんだけどなぁ…

以上です。

Season3は
無いようにしたい!

次!!

第1位「奈良 ことこと煮詰め事件」

今年10月。僕は一人、
ふらっと旅に出ました。

あんな出会いや…

Kotokoto1

こんな出会いを経て…

Kotokoto2

※全部鉄道!

2日目の夜に
奈良市に辿り着きました。

ここで出会った
アンジェロたちとの
話はTwitterを
見ていただくとして、

翌朝、
僕はレンタカーを借りて
奈良県の南へと
旅路を進めます。

最初に辿り着いたのは、
奈良県橿原市の
橿原神宮。

Kotokoto3

由緒ある趣に
心を委ねれば、

優美な風が
胸に響くような
感覚を抱いていました。

※肺は痛くなって
おりません。

ずっと
ここに居たい。。

そんな心緒さえ
味わいながらも、

僕は次なる目的地へ
旅を進めなければ
なりませんでした。

というのも、
奈良県中央部から
南部にかけて

ここ数年興味を
持っていた場所が
多々あるのです。

その地を一ヶ所でも
多く訪れたいと
企てていた僕は

やや押し込み気味な
スケジュールを
練っていたのでした。

クルマだし、
道がどうなるかも
分からない。。

さぁ、次なる地へ
歩みを重ねなければ!

と思って
境内を抜けると、、

…なんて旅情を誘う

おだんご屋さん


あるのでしょうか…

橿原神宮で
思ったよりも
長居をしてしまったため、

気付けば時刻は
お昼前。。

うーん、
ここで腹ごしらえを
しておこうか。

そう思いまして、
お店のおじさんに
おだんごを頼みました。

まぁ、おだんごは
ささっと戴いて、

次なる地、
“飛鳥”
へと参ろう。

そう思っておりました。

ところが、
数分経っても
おだんごが出てきません。

あら?
と思って
厨房の方をのぞくと、

グツグツ…
という音が、、、

なんと!
おだんごのタレを
ご丁寧に
ことこと煮詰めているのです!

おぉ!
これはこだわりのおだんごが
出てくるぞ!!

…しかし、
今後の予定はどうなるか。。

そんな事を考え、、
そのまた数分後。

ついにそのおだんごは
お目見えしました。

Kotokoto4

艶やかな光が
優美で潤沢な香りを
放っております。

まさに、古き良き
日本のおだんご。

そして一口戴いた瞬間!

僕は、悟りました。笑

このような
素晴らしいおだんごを
急いでささっと
戴くというのは、

もはや失礼な
ことである。。

これも有り難き出会い。

ここはもう
流れに身を任せ、
今はこのおだんごを
全身全霊で
味わおうではないか。。

と。

若干、
某・孤独なグルメドラマの
影響を受けているであろう
台詞が思考を駆け巡りながら、

僕はその歴史の情緒さえ香る
おだんごを戴いた訳です。

…まさか、
この場所でここまで
ゆっくりするとは
思ってもいませんでした。

橿原神宮の3つの庭園が
タイミングよく
一般公開されていた事がまた
庭好きミヤサワのココロを弄び、

当初考えていた
橿原の出発時刻は
優に越えております。

この分では、
「飛鳥」に着くのは
「明日か」!?

などと
自分で考えたギャグに
にやけながらも…

クルマを走らせると、
飛鳥には
意外と早く到着。

というか、
すぐでした!笑

…さて、この地もまた
ずっと居たくなるような
美妙な場所。

で、もうどうにでもなれと
その瞬間の赴くままに、

時を忘れ
僕は飛鳥の地を
踏みしめていました。

Kotokoto5

Kotokoto6

Kotokoto7

時間など、
変に気にするなかれ。

きっと、
そのときの気持ちに
正直に行けば、

一番良い旅路が紡げるんだ。

ただ風に乗れば良い。

雅びな青空に
そんな言葉を感じると…

気付けば、奈良県最後の目的の場所
天河の地に辿り着いていました。

Kotokoto8

“焦りは禁物。
ゆっくり、ことことと。
さすれば結局、すべて上手く行く!笑”

…という今までに何度も感じていた
ことを改めて脳裏に宿しておりました。

あぁ、旅とは勉学です。。

こうして
無事終えることが出来た
奈良めぐりですが、

実は旅路には
まだまだ続きがありまして

奈良県南部の
天河村をあとにした僕は
レンタカーを返しに
奈良市へ北上。

夕空に星が舞う頃には
列車に揺られ、更に北上。

辿り着いたのは、
京都の上賀茂神社。

実はこの日の夜、
上賀茂神社で
式年遷宮を記念した

“ライトアップ”

が行われる
ということで、
どうしてもこちらも
観たかったのです。

そして長い一日の
旅路の末、

ついにその輝きにも
出会うことが出来た
訳でございます。

さらにここでは、
遷宮記念の

“能”

まで観ることが出来、
この舞台がまた
なんとも勉強となったのです。

すべては
学び学びの旅でした。。

奈良市から始まった
その日の旅路は、

橿原、飛鳥、
そして京都と

古都を渡り歩いた
正に

“ことこと煮詰め”

な旅路。笑

そして、ちょうどこの頃
先日公開した

「Season of Terminal」

の制作も煮詰まって
きている頃でして…笑

この度のインスピレーションを受けて
ついに完成したのかな。。。

という、感じさえ抱いております。

いや、この旅のインスピレーションを
受けて煮詰まった楽曲は
実はその曲だけではなくて、、、

・・・・・・

まぁ来年が楽しみですね!笑

さて、みなさんのお雑煮は
煮詰まりましたか?

年が明ければ、
2016年!

みなさまにとって来年が、
色んな良いことが詰まった
一年になるよう願っております!

それでは、
僕は2015年という名の旅の
最後を踏みしめながら、
蕎麦屋さんへ向かいます。笑

どうぞ、良いお年をお迎え下さい!!

本年も、
本当にありがとうございました。

Updated
Next <  > Back

ページの先頭へ